Loading...

IoTフォトスポットサービス「フォトビーズ!」

GO TO WEB APP

IoTフォトスポットサービス「フォトビーズ!」

GO TO WEB APP

その時その瞬間を一生モノに。
新たな思い出の残し方、提案します。

~ 思い出撮影に革命を ~

フォトビーズ!は、IT技術とクリエイティブチームによって生み出される、
今までにない撮影が各地で体験できるフォトスポットサービス。

映画のワンシーンや雑誌の表紙のような写真・動画の中に、誰でも入り込みことができます。

気分転換の一人プチ旅行
恋人とのちょっとしたお出かけ
家族と年に一度の大旅行...

その時その瞬間は、2度訪れません。
だから、もっと大切に。もっと楽しく。もっと素晴らしく。ちゃんと残せるように。

あなたの人生史を飾る“一生の一枚”をフォトビーズ!で残しませんか?

ABOUT

フォトビーズ!とは

スマホを設置カメラに繋げて
リモート撮影

フォトビーズ!は、土地や施設オーナー(フォトスポットオーナー)が抜群なアングルで設置したカメラに、自分のスマートフォンを接続して撮影できる新しい撮影体験。フォトスポット現地で撮影をリクエストすると、一時的に設置カメラを利用できるアクセス権限がスマートフォンに付与。すぐに撮影を開始できるから、あとはどう映るか考えるだけです。

「これ、どうやって撮ったの!?」
思わず尋ねる圧巻クオリティ

フォトビーズカメラは「WOW!!そんなところから!?」といった普通では入れないような所や、緻密なライティングが施された空間など、こだわりつくされた場所へ設置。しかもカメラとレンズは本格的。フォトビーズ!のレンズの先には、誰も見たことのない世界が広がっています。

ワンアクションでカメラに接続
これからは「撮る」より「映る」時代

撮影前に面倒なアプリのダウンロードは必要ありません。 フォトスポット現地でウェブサイトにアクセスするだけ。すぐに撮影タイムに入れるから、楽しい時間が途切れずに『どう映るか』だけに時間をかけることができます。そこに時間をかける方が圧倒的に「楽しい体験になる」と、私たちは知っているからです。

ベストショットはあなた次第
忘れられない撮影体験を創り出そう

景色は天候や時刻によって刻々と変化します。2度同じ写真は撮れませんし、良い条件で撮影できるとも限りません。そのかわり、撮影タイム中はサウンドやライトアップで演出したり、跳んだり寝転がったり、いろんなポーズや服装で楽しめるよう様々な仕掛けを施します。 あなたのクリエイティブを織り交ぜて、最高の一瞬を作り出してみよう。

SYSTEM

フォトビーズ!の仕組み

フォトビーズ!では、フォトスポットオーナーが設置したカメラのアクセス権限をフォトビーズ・IoTプラットフォーム上で手に入れることで、はじめてフォトスポットカメラを一定時間アクセスして撮影することができます。つまりは、 設置されたフォトスポットカメラの利用権限を時間単位で手に入れるサービスとも言えます。カメラの利用権限の取得するには、フォトスポット現地にいることが絶対条件です。

次のA~Cの要素で構成されたIoTプラットフォームによって、次世代型のフォトスポットは運営稼働しています。

A.市販の一眼レフカメラなどをIoT化させる専用端末

B.設置カメラを操作できるWEBインターフェース

C.カメラのアクセス権を取引するマーケットプレイス

GIUDE

使い方

1. スポットに行く

フォトビーズはフォトスポット現地で利用できます。

2. WEBにアクセス

フォトスポットで販売しているチケットや付近の壁に掲載されているQRコードを読み取り、専用ウェブサイトにアクセスしてください。
※アクセス方法はスポットにより異なります。

3. 撮影タイム開始

順番が来たら専用認証端末にMyアクセスコードをかざしてスキャンします。
認証が完了したら、あなたの撮影タイムが開始します!思い思いのポーズで、思い出撮影をお楽しみください!

4. 写真をDL

撮影タイムが終了したら、あなたのスマートフォンに撮影結果が表示されます。写真は自分のスマートフォン端末に保存することもできます。

WEB APP SCREENSHOTS

VOICE

HAPPY VOICE

SKY LOUNGEは逆光でなかなかいい写真が撮れず残念に思っていたのですが、こんなに綺麗な写真が撮れて驚きです。また家族写真が誰にもお願いせずに撮れて嬉しいです。

こんなに高いところから写真を撮ること自体が初めての経験だったのですごく楽しかったです!やり方も覚えれば簡単で綺麗に撮れますしもう感動の嵐でした!笑 また機会があれば行って写真撮りたいなと思います!

自分の携帯じゃ撮れない画質とかアングルに魅力を感じます。また、アプリをダウンロードする必要がないのがありがたい!!一回だけじゃなくて、何度もシャッターチャンスがあるのも嬉しかったです。

MEDIA

MEDIA COVERAGE